血液検査糖尿病数値〜あなたの検査結果大丈夫?〜

血液検査糖尿病数値〜あなたの検査結果大丈夫?〜

血液検査糖尿病数値

 

糖尿病として診断される判断基準は、血液検査の数値が一般的とされています。

 

糖尿病とは、血液のなかのブドウ糖の量が多く、血糖値の高さが長い間ある基準以上となった状態です。

 

血液検査糖尿病数値

 

正しい検査方法とは?

尿検査は、糖尿病の疑いが発見される可能性があるので、大切な検査ではありますが、糖尿病と判断するのには不十分な情報といえます。

 

あくまで血液内の状態をみて診断する必要があります。

 

糖尿病の診断には、血液中の血糖値とHbA1c(グリコヘモグロビン)の同時測定が一般的な検査方法として知られています。

 

血糖値が高いと高血糖、慢性的な高血糖が糖尿病と診断されるのですが、血糖値は検査の前にストレスがかかると上がったりと変化します。

 

また、HbA1cもほかの病気などが原因で一時的に低値が出る場合があります。

 

日頃の血液の状態を総合的に判断するためには、血糖値とHb1Acの数値を合わせて診断していきます。

 

血糖値は1日を通して変化するので、2種類の検査があります。

 

 

空腹時血糖検査:空腹時の血糖値を計り、食事の影響を除いて代謝や血糖値のバランスがとれているか調べます。

 

75g経口糖負荷試験(OGTT):空腹時に75gのブドウ糖溶液を飲み、1時間後、2時間後の血糖値をはかり、食後の血糖値の変化を調べます。

 

食後のインスリンの働き具合、血糖の変化をみることができます。

 

血液検査糖尿病数値チェック

 

  健康な状態 境界型 糖尿病
空腹時血糖 70〜109mg/dl 110〜125mg/dl 126mg/dl以上
OGTT 2時間後 140mg/dl未満 140〜199mg/dl 200mg/dl以上
Hb1Ac 4.6〜6.2% 6.2〜6.5% 6.5%以上

 

 

境界型は糖尿病予備軍といわれ、生活習慣や食事の指導対象とされています。

 

特定健康診断では、成人病予防を目的として、Hb1Ac5.6%以上、空腹時血糖100mg/dl以上で保健指導の対象となります。

 

早めの発見と対策が糖尿病予防や合併症予防につながります。

 

数値が気になる方は、早めの受診を心がけましょう。

 

血液検査で糖尿病数値ギリギリでお困りの方へ!

糖尿病の方・予備軍の方にオススメサプリ

血液検査糖尿病数値

血糖値が高くて悩んでいる方は、一度【アラプラス糖ダウン】を試してみては如何でしょうか!?

 

 

血糖値を下げるサプリメントとして愛用者急増中です!

 

 

今なら公式サイトで、1カ月お試しが出来る商品もあります!

 

 

アラプラス糖ダウンは公式サイトでの購入がおすすめです!

 

 

【アラプラス 糖ダウン】がお得に購入できる公式サイトはコチラ!

 

 

 

トップページに戻る